末期がん、余命宣告ガンでもあきらめない最新治療情報

日進月歩の最新がん治療情報を日々発信し、
余命宣告がん、転移癌、再発ガンからの回復・復帰を目指します。
<< 毛髪分析で がん検診 | TOP | がん治療治療費の誤解と現実 >>
すい臓がんの新薬を承認
FDA  アフィニトールの膵がん適応を承認

米食品医薬品局(FDA)は5月6日、ノバルティスのmTOR(哺乳類ラパマイシン標的タンパク質)阻害剤アフィニトール(エベロリムス)について、切除不能あるいは転移・進行性膵内分泌腫瘍(PNET)の適応を承認したと発表した。

PNETは、進行が遅くまれな腫瘍で、米国では毎年新規患者は1000人以下といわれる。同剤の安全性、有効性は、410人を対象としたRCTで検証され た。主要評価項目は無増悪生存期間(PFS)で、プラセボ投与群の4.6 か月に比べアフィニトール投与群では11か月(中間値)と約2倍に延長した。

主な副作用は、口内炎、発疹、下痢、疲労感、浮腫、胃痛、悪心、発熱、頭痛など。

2011年5月10日 MIXONLINE
11:31 | がんの最新治療法/新薬情報 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
非常に良い情報をお寄せいただきありがとうございますそれはPNETは稀な腫瘍には、1000未満であると言われる米国では毎年徐々に新たな患者の進行されていることを正しいことになります。医薬品の安全性、有効性、人410 RCTのかでテストされているものです。 11ヵ月(中央値)エベロリムス投与群で4.6カ月と比較してプラセボ群で主要評価項目は無増悪生存期間(PFS)は約2倍に延長した。
2011/05/13 2:20 PM by チュアブル 錠&#160;
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://makki-gan.akiramenai.net/trackback/160
トラックバック

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--