末期がん、余命宣告ガンでもあきらめない最新治療情報

日進月歩の最新がん治療情報を日々発信し、
余命宣告がん、転移癌、再発ガンからの回復・復帰を目指します。
胃がん効果が持続する抗がん剤新薬

進行胃がん、食道胃接合部腺がんに対する抗がん剤新薬の臨床試験に良い結果が報告され、新たな特効薬の登場が期待されつつある。

新しい抗がん剤は、米Merck社が開発中のキイトルーダ(一般名:ペムブロリズマブ)。

2回以上の前治療歴のあるがん患者へ新薬の単独療法を実施したところ、非常に良い結果が得られたとのこと。しかも、 臨床試験では効果が確認されただけでなく、効果の持続もデータとして得られた。

この新薬は、胃がん、食道胃接合部がんだけでなく、 食道がん、大腸がんに対しても、臨床試験を開始している有望な新薬候補であり、近々に抗がん剤新薬として承認申請へ向かう治療薬候補としての期待が高まっている。

00:13 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
胃がん治療へ劇的効果の新薬が来月から

胃がん治療に新しい抗がん剤が承認された。

新しい抗がん剤は、体内の免疫細胞の働きを利用した新しい仕組みの抗がん剤で、患者自身の免疫機能を高めることで、体内のがん細胞を攻撃し治療する。

厚生労働省の部会が承認したことで来月10月からは"胃がん特効薬"が”自由診療”ではなく”保険治療”の範疇で治療投与できるようになる。

待望の胃がん特効薬の名前はオプジーボ(ニボルマブ)。
既に皮膚がん、肺がん、腎細胞がんなどに対する特効薬として大きな成果をあげており、治療対象が胃がんへと拡大された形だ。

しかしながら、保険適用での治療条件は厳しい。これは  オプジーボの薬価が年間3600万円と高過ぎるために保険財政の破綻を恐れて対象を絞っているためだ。

保険費用で胃がん特効薬を利用できる患者は、国内の胃がん患者約13万人の内の数千人のみ。

現状の適用条件は、「2種類以上の抗がん剤治療を実施済み」でも効かず、「 手術切除が不可能」な胃がん患者が適用の対象とされている。

保険財政の困窮も大事だが、救える命は救って欲しいものだ。

12:52 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
671もの劇的効果の新薬が最終段階へ

世界中で臨床試験の最終段階を迎え、近々に利用可能となる新薬が671もあり、その半数近くが抗がん剤の新薬で、それぞれが劇的な効果をもたらす可能性が高いことがわかった。

世界で臨床開発段階にある医薬品の臨床試験状況を米国研究製薬工業協会(PhRMA)が取り纏めて発表したのだ。

それによると、世界で臨床開発段階にある医薬品開発のプロジェクトは9404。
そのうちの74%が「画期的新薬」になる可能性があるとされた。
抗がん剤の新薬を含む分野だけで4000件以上のプロジェクトが進行中なのが心強い。

進行中の治験の段階別に見てみると、画期的新薬となり得るプロジェクト数は、

  • フェーズ1の3723プロジェクトのうち3073プロジェクト(83%)
  • フェーズ2の4424プロジェクトのうち3205プロジェクト(72%)
  • フェーズ3の1257プロジェクトのうち 671プロジェクト(53%)

となっている。
全世界での9404プロジェクトのうち6949(74%)が"画期的新薬"になり得ると報告されたのだ。
がんを駆逐できる画期的な抗がん剤新薬は続々と開発中であり、そのゴールが近いことを実感させる素晴らしい報告と言えよう。

18:21 | - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--